見過ごさないで、肌のSOS! 大人のためのニキビ特集

ある日急に増えたり、なかなか治らなかったり…複雑で根深い原因によって起こることが多い大人のニキビ。今回は効果的な対策方法をご紹介します。

まずはチェック! 大人ニキビの原因は??

ニキビは大人になれば治るもの…というイメージがあるかもしれませんが、
それは成長期にできる「思春期ニキビ」の話。
20代以降は、身体の状態が肌に現れる「大人ニキビ」に悩む人が少なくありません。

思春期ニキビはTゾーンにできやすい 大人ニキビはUゾーンに集中

ニキビができる場所によって、原因が分かることも!

  • 頬甘いものの食べすぎや便秘、ホルモンバランスの乱れなど
  • 口の周りビタミンB不足、
    冷えや胃腸の不調など
  • あご腸の不調や貧血、
    冷えなど

乾燥(インナードライ)

<新陳代謝が滞った肌><新陳代謝が正常な肌>

肌にうるおいが行き渡っていないと、ターンオーバーが鈍り、厚くなった角質が毛穴をふさぐことでニキビにつながります。

また、肌の表面は脂っぽくても内側が乾いている“インナードライ”の状態に気づかず、皮脂を取り除くケアばかりで保湿ケアを避けていると、
さらなる皮脂分泌を招くことに。
大人ニキビには、“たっぷりの保湿”が必要不可欠なのです。

ホルモンバランスの変化

ニキビができやすいのはこの時期

大人ニキビに一番影響するのが、ホルモンバランス。
生理の前後では肌のコンディションが変わるため、肌状態に合わせたケアを心がけましょう。

生理開始2週間前はベタつきやすいため、ややさっぱりとしたスキンケアを、
逆に生理中は乾燥しやすく肌がデリケートになるため、
たっぷり保湿をして刺激を与えないようにするのがおすすめです。

肌と身体に影響する女性ホルモンって?

エストロゲン(卵胞ホルモン)

肌の新陳代謝やコラーゲン生成を促すため、エストロゲンの分泌が増える生理後は肌の状態が一時的に良くなります。

プロゲステロン(黄体ホルモン)

水分を保持したり、食欲を増やす働きがあり、生理前のむくみや過食を招くことも。また、皮脂分泌を促すことでニキビの原因をつくります。

ホルモンバランスの乱れにも要注意!

環境の変化や人間関係、仕事によるストレスは、ホルモンの分泌を司る脳に影響を与えるため、精神的・肉体的ストレスが増えるとホルモンバランスの乱れにつながります。これが、ストレスで肌が荒れる原因の一つです。

偏った食生活

忙しい生活を送っていると、どうしても外食やコンビニ食が増えて栄養バランスが偏ります。糖質の燃焼を助けるビタミンBや、肌をなめらかに保つビタミンAが不足すると、皮脂が増えたり毛穴が詰まりやすくなり、ニキビの原因に。

ビタミンやイソフラボンが豊富な食事=“美肌食”を意識しましょう。

緑黄色野菜

緑黄色野菜抗酸化効果などにより、皮フを健やかに保ちます。身体を温める温野菜を中心のレシピにすると、代謝もUP !

納豆や豆腐

納豆や豆腐大豆には、美肌づくりに欠かせない女性ホルモン様作用のあるイソフラボンがたっぷり♪ぜひ毎日の食事に取り入れましょう。

豚肉

豚肉ビタミンBを豊富に含むため、脂質代謝を促しニキビ予防にもつながります。脂肪が少なくダイエット中にもおすすめ。

卵や牛乳

卵や牛乳ビタミンやミネラルなど、美肌に良いとされる栄養がバランスよく摂れる食材。いろいろな料理に使えて便利です。

ストレスや運動&睡眠不足

この3つが絡み合って、皮脂分泌を促し、ニキビの原因に! ストレス 運動不足 睡眠不足

ストレスを感じると、ホルモンバランスだけでなく、自律神経のリズムも影響を受けます。その結果、皮脂分泌が増えたり、ターンオーバーが乱れてニキビができることに。

また、運動する機会が少ないのも血行や代謝を妨げます。ストレスや運動不足は、肌に栄養を行き渡らせるために大切な睡眠の質を下げることにもなるので、普段から睡眠時間が取れない方はより気をつけたいものです。

こんな習慣も控えめに!

タバコやダイエット

血行不良、栄養不足や便秘を引き起こし、肌荒れにつながります。

アルコール

糖質が多いので、過剰摂取するとビタミン不足に。睡眠不足の原因にも。

スキンケアでニキビを防ぐには?

大人ニキビは内側からの原因を取り除くことが一番ですが、食事から生活習慣まで全てを見直すのは難しいもの。スキンケアの力を借りて、ニキビができにくい肌状態を保ちましょう。

Step 1 角質や汚れを溜めこまない

肌のターンオーバーが乱れると、毛穴が古い角質でふさがれ、
皮脂が詰まりやすくなります。
毎日のパパウォッシュ洗顔でクリアな肌を保ちましょう。

Point

生理が始まる2週間前は特に肌がベタつきやすいため、
ポリーゼパックなどを取り入れるのがおすすめです。

Step 2 うるおいケアを徹底する

たっぷりのうるおい補給を中心としたケアで、
柔らかくなめらかな肌を保ちましょう。
化粧水や乳液は保湿成分メインのオイルフリータイプがおすすめ。
角質をやわらかく保つフルーツ酸配合のアイテムも
1~2品取り入れると効果的です。

Point

ピゥフィーネシリーズには、保湿成分だけでなく、
抗炎症成分なども配合。
多方向から働きかけて、大人ニキビのできにくい肌に整えます。

Step 3 ニキビができてしまったら

生理前にニキビができやすい人は、
少し早めに薬用ACローションをプラスして予防をします。
それでもできてしまった時は、薬用ACクリームで炎症ケアを。
ニキビ跡が残らないよう、洗顔やフルーツ酸アイテムでの角質ケアも
引き続き行いましょう。

Point

集中ケアとして、夜眠る前にニキビ部分にACクリームをたっぷりつけ、ACローションを浸したコットンを上からのせておくW使いもおすすめです。