美容師さんのアドバイスも ! 美しい髪と頭皮のためのQ&A


A.毎日のシャンプーも洗い方次第でダメージを与えてしまうことになりかねません。年齢を感じさせない髪や地肌を保つために、丁寧なケアを心がけましょう。
正しい洗髪方法をCHECK!

※ヘアエステシリーズでは、髪内部まで浸透して補修するトリートメントが美容液、表面をコートして保護するコンディショナーが乳液のような役割をもちます。
A.女性の抜け毛は、加齢による女性ホルモンの減少のほか、産後のホルモンバランスの変化や過度のストレス、睡眠不足、ダイエットによる栄養不足などが大きく影響しています。タンパク質や緑黄色野菜、青魚など髪に良いものを積極的に摂取したり、十分な睡眠やストレスの軽減など、生活習慣の見直しも大切です。
頭皮環境を整えて、若々しい髪をキープ
毛髪はヒフの表面に出ている毛幹と、その下の毛根に分けられます。毛根の先の球状になった部分に毛母細胞があり、血管から栄養を受け取って新しい毛髪をつくります。

頭皮の血流が滞ったり毛根の栄養不足が続くと、質の良い髪を育てることができず、毛が細くなったり、抜け毛へとつながります。エステ 育毛エッセンスでマッサージすることで頭皮を活性化させることが、コシのある美しい髪を生み出すポイントです。
A.原因のひとつは、紫外線ダメージや加齢、ストレスなどによって頭皮が硬く張り、毛根が圧迫され変形することによって髪の毛が波を打ったようになるため。頭皮が硬くなると血行不良から髪に十分な栄養が行き渡らなくなり、ハリ艶も損なわれます。
もうひとつは、髪表面のキューティクルが剥がれてケラチンタンパク質が抜け、髪の内部がスカスカになるため。
十分な保湿ケアでうるおいをしっかりと閉じ込めると、広がりを抑えられます。
キューティクルケアで、パサつき・広がりも予防!
毛髪は、芯の部分 (メデュラ) をたんぱく質 (コルテックス) が取り巻き、外側をキューティクルが覆っています。

キューティクルが剥がれると中のたんぱく質が流れ出て、パサつきや切れ毛、もつれやきしみの原因に。傷ついた髪は、補修効果の高いエステ ヘアコンディショナーエステ キューティクルヘアオイルNで内側にうるおいを閉じ込めながら、表面をコーティングするケアが効果的です。
◆ヘアダメージの原因は?
パーマやカラー、紫外線のほかにも、塩素や海水、濡れたまま寝る (枕との摩擦)、栄養不足などもダメージの原因に。また、年齢が上がるほど髪自体の活力がなくなってくるため、ダメージの原因は同じでも、よりパサつきやすくなってしまいます。
ESSより
また、「美容院で定期的にトリートメントする方でも、家でしっかり保湿ケアをしていないと効果は半減します」と浅野さん。まずはダメージの原因をつくらないことが一番ですが、日頃からヘアエステシリーズでしっかり髪を補修し、こまめにヘアオイルで保湿をすることを心がけましょう。
ドライヤーでキューティクルをケア
髪が濡れたまま眠ると、キューティクルが開いたまま外的刺激を受けるため、ダメージの原因に。髪は完全に乾かすのが鉄則です。最後の30秒は、根元から毛先に向けてドライヤーを当てることで、キューティクルが整います。
◆いつから頭皮ケアを始めるべき?
顔と一緒で、何となく衰えを感じ始めた頃でしょうか。20代半ばぐらいから始められたら理想的ですね。頭皮の衰えは、髪だけでなく顔のたるみにもつながるので、頭皮マッサージはリフトアップにも最適です。
ESSより
ブラッシングの時に頭皮に軽くブラシを当てたり、シャンプー中のマッサージがおすすめとのことですが、それ以外にも週に1〜2回はエステ 育毛エッセンスで頭皮のスペシャルマッサージを行いましょう。
頭皮のコリも同時に解消!
頭には、数百ものツボがあるといわれていますが、自分でも取り入れやすく、気持ちが良いのは耳の周りやこめかみ、頭頂部です。指の腹でタッピングをしたり、ブラシを使ってなでるようにマッサージをするのがおすすめです。