紫外線は、美肌の大敵! 日やけ止め & 紫外線の基礎知識

Q.紫外線は肌にどんな影響があるの ?

気をつけたい紫外線は2種類。紫外線A波 (UV-A) は、一年を通して雨や曇りの日にも降り注ぎ、肌深部にまで影響を与えます。
もう一つのB波 (UV-B) は、夏に強く降り注ぎ、赤く炎症させて肌を黒くします。
1年間の紫外線量のグラフ

Q.「SPF」や「PA」って何の意味 ?

UV-Bを防ぐ効果は「SPF」、UV-Aを防ぐ効果は「PA」で表します。SPFは、SPF1で約20分間防ぐという意味。数値が上がるにつれ長時間防げることを表し、「50+」が最高レベル。PAは、+ (ワンプラス)、++ (ツープラス)、+++ (スリープラス) と効果が上がり、「++++ (フォープラス) 」が最高レベルです。
肌の断面図

Q.日やけ止めを選ぶ基準は?

デイリーケアには、【SPF20 / PA+】程度あれば十分。仕事やレジャーなどで一日中外にいたり、屋外で軽くスポーツをしたりする時は【SPF30 / PA++】程度のものを使うと安心です。
海や山でのレジャー、晴れた日のウィンタースポーツ、海外リゾートなどには【SPF50 / PA+++】以上のものを選ぶようにしましょう。
紫外線量が増え、強さも増す夏に長時間外出する時も、【SPF50 / PA+++】以上がおすすめです。
1年間の紫外線量のグラフ

Q.紫外線吸収剤と散乱剤の違いは ?

図●紫外線散乱剤
紫外線を乱反射させて防ぐタイプ。デイホワイトミルクなど、“ノンケミカル”と呼ばれているものに使用しています。
図●紫外線吸収剤
紫外線を吸収して熱に変換するタイプ。高い防御効果を出せます。UVプロテクト スーパー50に配合しています。

Q.きちんと塗っているのにどうしてやけるの ?

図日やけ止めは、手やタオルなどで触れると少なからず落ちてしまいます。効果を保つには、汗をかいたり、タオルでふいた後などはこまめにつけ直すこと。また、使用量が少ないと防御効果が得られにくくなるため、十分な量をムラなくのばしましょう。
塗り忘れやすい部分のうっかり日やけにもご用心を !
日やけ止め商品一覧へ