自分に合った方法が成功への近道 ! How to スリム&ダイエット

まずは、脂肪を溜めにくい身体をつくるむくみやセルライト対策で、ボディラインを引き締める腸のリズムを整えて、ぽっこりお腹にさよなら

A.にチェックが多かった方は… 脂肪を溜めにくい身体づくりを!

無理な食事制限をすると、肌荒れや便秘、ストレスなどの原因になることも。通常通りの食事をしながらスリムな身体を手に入れるには、続けられる程度の運動と、脂肪を溜めない&燃焼しやすい身体をつくることが大切です。
頭皮環境を整えて、若々しい髪をキープ
食事で摂った糖分や脂肪分 (摂取カロリー) は、身体に吸収されたあと、肝臓や脂肪細胞に蓄えられます。私たちの身体は、蓄えられた糖分や脂肪をエネルギー (消費カロリー) として燃やすことで、基本的な生命活動や運動をすることができるのです。
ところが、消費カロリーよりも摂取カロリーが多くなると、余った糖分が脂肪に変わるばかりか、脂肪細胞もどんどん大きくなり、皮下脂肪や内臓脂肪が増えていくというわけです。
皮下脂肪皮膚の内側についていて、寒さや衝撃から身体を守るクッションのような役割を持つ。
内臓脂肪内臓の周りにつく脂肪のこと。血管の多い場所なので、比較的エネルギーに変わりやすい。
脂肪を効率よく燃焼するには
脂肪を燃やす=消費カロリーを増やすことですが、例えば体重52kgの女性が30分犬の散歩をすると55kcal、ジョギングで約160kcalのカロリーを消費します。菓子パン1個で300~400kcalですから、食べ過ぎた分を運動で消費するのは意外と大変ですね。

運動消費カロリー例52kgの女性の場合 (すべて30分)
水泳 (平泳ぎ)、エアロビクス・・・246kcal
自転車・・・191kcal テニス・・・164kcal

もともと基礎代謝が低い人は、高たんぱく低カロリーの食事や、軽いトレーニングで筋肉量を増やし、代謝を上げるのも効率的です。
運動のお供に!疲労回復&体脂肪の燃焼をサポート
運動をして糖がエネルギーに変わると、身体に疲労感を与える「乳酸」がつくられます。その乳酸をすばやく分解するのがクエン酸。
「もろみ酢ドリンク」には、天然クエン酸が豊富に含まれるだけでなく、筋肉をつくり出す必須アミノ酸も豊富で、美容にも健康にもおすすめのドリンクです。

Bにチェックが多かった方は・・・ むくみやセルライト対策で、ボディラインを引き締める !

体重に変化がないのに、ウエストにくびれがなくなってきたり、足が太くなったように感じたりするのは、むくみやセルライト、年齢によるシルエットの変化が原因です。
食事や運動のほか、ボディにメリハリをつける引き締めケアを意識しましょう。
シルエットはこんなに変わる !
20代をピークに肌のハリ・弾力が徐々になくなり、バストやおしりの位置が下がってもたついた印象に。40才を過ぎるとバストの下やお腹まわりに急激に脂肪がつき、メリハリが失われていきます。
引き締めケア開始のサインはほかにも! 手を振ると、遅れて二の腕も揺れる 背中の段が気になってピタッとした服が着られない 足が短くなったように感じる
細身の人にも潜む、“セルライト”って?
太もも、おしり、腕など、脂肪がつきやすい部分を良く見ると、皮フが凸凹になっていませんか?これは、肥大した脂肪細胞が、毛細血管やリンパ管を圧迫して流れを悪くし、代謝が鈍って老廃物が蓄積したいわゆる“セルライト”です。

セルライトを防ぐには?
脂肪細胞が大きくなりすぎないよう適度に運動し、食事内容を見直す
血行を促すために、冷え予防やストレッチを習慣に
皮フがたるむと血管やリンパを圧迫するため、ハリのある肌を保つ
脂肪分解を促進しながら、たるんだ部分を引き締める
引き締め効果のある海草エキスやカフェイン、カカオエキスのほか、肌にハリを与える植物エキスなどを配合した「ESS ボディファーミングジェル」
マッサージしながらなじませることで、肌を引き締めてメリハリのあるラインに整えます。
ボディファーミングジェルのマッサージ方法

Cにチェックが多かった方は・・・ 腸のリズムを整えて、ぽっこりお腹にさよなら!

ダイエット中は食物繊維の摂取量が減ったり、ストレスにより腸に負担がかかることで、便秘のお悩みが急増。お腹が張るだけでなく、便秘による肌への影響も心配です。
効率よくスリムな身体を手に入れるには、腸のリズムを整えることも欠かせません。
こんな習慣は便秘の原因に!
便通のリズムを整えるには、積極的に食物繊維を摂ることと、善玉菌を増やして腸の動きを活発にすることが大切です。普段の食事ではなかなか改善できないときは、サプリメントで食物繊維を補い、腸内環境を整えてあげましょう。
善玉菌は、腸の健康のバロメーター
腸には約100兆個以上もの細菌があるといわれ、大きく善玉菌、悪玉菌、身体の状態によって働きが変わる日和見菌とに分類されます。乳酸菌やビフィズス菌が代表するような善玉菌は、栄養素の消化吸収を高めたり、ビタミン類を合成したりと、身体にとってプラスの働きをするため、善玉菌が優勢の状態=健康な腸といえるのです。
不足しがちなビタミン・ミネラルも同時に摂れる
食物繊維だけでなく、鉄分やカルシウム、ビタミンなどの栄養素も補えるのが「ケール自慢のよろこび青汁」
ケールを丸ごと粉砕することで青臭さや苦味を抑えた、どなたでも飲みやすい青汁飲料です。
おなかの調子を整えながら、キレイをサポートします。