乾いた季節を美肌で過ごすための秋のスキンケア美容講座

暑さが落ち着き、冬ほどの寒さもない秋は、肌にとって過ごしやすい季節。でも、夏の間に蓄積されたダメージは、まだ完全には回復していません。まずは肌のコンディションを整えて、乾燥が進みやすい季節に向けて準備を始めましょう!

夏のダメージが残ったままの“くすみ肌”

強烈な夏の紫外線が、シミやソバカスとなって肌表面に現れるのは、秋になってから。さらに、今も肌に注がれ続けています。紫外線はシミばかりか、肌のうるおいを奪い、乾燥やくすみを招く原因にもなるため、この時季も油断はできません。
どんなお手入れが効果的?
シミやくすみを定着させないためには、毎日朝晩の洗顔をはじめ、メラニン色素の生成を抑えてシミ・ソバカスを防ぐ美白ケアを。角質層にうるおいを抱え込む保湿ケアも大切です。
*メラニンの生成を抑えて、日やけによるシミ・ソバカスを防ぐ

湿度や皮脂分泌の低下による“乾燥肌”

秋になると徐々に汗や皮脂の量が減少してくるため、肌は慢性的な乾燥状態に。さらに、乾燥はバリア機能や水分保持力の低下につながり、外的刺激に弱い肌環境をつくり出してしまいます。その結果、肌が敏感に傾くと、様々なトラブルも起こりやすくなります。
どんなお手入れが効果的?
足りない水分や油分を補うため、今後は保湿メインのケアに。基礎化粧品を切り替えたり、化粧水をしっとりタイプにしたりするのもよいですし、乳液までで物足りなければクリームをプラスしましょう。

乾燥が肌内部まで進んだ“ハリ不足肌”

乾燥が深刻化すると、肌内でハリ弾力を支えるコラーゲンやエラスチンなどが減少し、ハリがなくしぼんだ印象になります。目もとにシワ、口もとにほうれい線や粉ふきが現れ始めたら、より念入りな保湿ケアが必要というサインです。
どんなお手入れが効果的?
基本的なお手入れにプラスαのアイテムを取り入れて、保湿と同時にエイジングケアも意識してみましょう。気になる部分を重点的にケアすることで、肌本来のハリや艶を保てます。