あなたの乾燥レベルはどのくらい? お悩み別・おすすめクリーム

一年のうちで最も気温・湿度が低い今。外に出れば冷たい空気にさらされ、部屋に入れば暖房にうるおいを奪われ、肌は毎日過酷な状況に置かれています。そんな肌の救世主となるのが“クリーム”です。

◆どうしてクリームが必要なの?

気温や湿度が低くなると肌の水分量が減るほか、自ら皮脂を出す力も弱まります。また、寒いと汗をかかないため、汗と皮脂が混ざり合った“天然クリーム (皮脂膜)”ができず、肌はバリア機能を維持できなくなります。すると、乾燥や外的刺激にさらされ、様々なトラブルや老化が現れ始めます。

◆クリームにはこんな役割が!

クリームには、化粧水や美容液、乳液などで与えたうるおいや美容成分を角質層に閉じ込めて、その効果を持続させる働きがあります。
また、皮脂膜のように肌表面をヴェールで覆うことで、乾燥や外的刺激から肌を守る役割をします。

◆クリームが必要なのはどんな人?

□乳液までのお手入れでは日中カサつく □肌がゴワゴワして化粧ノリが悪い □目もとの乾燥や口もとの粉吹きが気になる □肌がくすんで艶がなく、疲れて見える □ファンデーションがシワ部分に溜まる
ひとつでも当てはまったら、まずは保湿クリームをプラスしてみましょう。それでも物足りなさを感じる場合は、パーツケア用のクリームやパックなどを取り入れて、乾燥に負けない肌を保ちましょう。
イー・エス・エスにはいくつかの“クリームアイテム”があります。
悩みの程度に合わせて取り入れて、厳しい冬を乗り切りましょう。
本格的な乾燥シーズン真っ只中の今、まず取り入れたいのが顔全体に使う保湿クリーム。肌が荒れて化粧水がしみてしまう時もやさしくなじみ、乾いた空気からしっかり肌を守ってくれます。
顔の中で最も皮フが薄く、うるおい保持力が弱い目もとは、どこよりも手厚くケアをしたい部分。また、唇も年齢による変化も現れやすいため、早めのケアを心がけることが、印象的な表情を保つ秘訣です。
いつも通りのお手入れをしていても肌の不調が解消されないときは、パックでのスペシャルケアが頼り。肌を密閉することで皮フ温が上がると、保湿成分を角質層のすみずみまで届けることができます。
どんなお手入れが効果的?
今まで保湿ジェルをお使いだった方も、物足りなさを感じたらクリームに切り替えるのがおすすめ。ジェルよりも油分が多く、エモリエント効果の高いクリームは、冬の肌のバリア機能を保ち、健やかに整えてくれます。

もし、「クリームはどうしても苦手…」という方は、より保湿力の高いジェルに切り替えるとよいでしょう。