化粧品の使用上の注意について
お肌に異常が生じていないかよく注意して使用してください。
化粧品がお肌に合わないとき、即ち次のような場合には、使用を中止してください。
そのまま化粧品類の使用を続けますと、症状を悪化させることがありますので、皮膚科専門医等にご相談されることをおすすめします。
①使用中、赤み・はれ・かゆみ・刺激・色抜け (白斑等) や黒ずみなどの異常があらわれた場合
②使用したお肌に、直射日光があたって上記のような異常があらわれた場合

傷やはれもの、湿しん等、異常のある部位にはお使いにならないでください。