小さくても高機能!いつでもどこでも本格エステ! 消してしまいたいシワ・シミ・毛穴

ESS ビューティ イレイザーのイレイザー (eraser) は消しゴムのこと。もし、魔法の消しゴムがあったら、何を消してしまいたいですか?外出時でもテレビを見ながらでも、手のひらサイズだからいつでもどこでもできる "ながら美容"。
さらにお肌悩みに合わせて美肌液を併用すれば、ぐ〜んと美肌効果もアップします!

ビューティ イレイザー美容法
ポイントケアと同時にリフト効果も考えた使用順序とヘッドの動かす方向になっています。

写真
洗顔後、化粧水を多めにとり、Tゾーンや鼻の周辺など毛穴汚れの気になる部分につけます。スイッチをCに合わせて、図のようにヘッドをゆっくりと動かします。使用時間は1〜2分。
写真 写真
洗顔後、化粧水や美肌液などを塗り、スイッチをmに合わせて、図のようにヘッドをゆっくり動かします。顔全体は約4〜5分。さらに気になるポイントはもう一度美肌液を足して、2〜3分使います。
写真
※使用中は背面のハンドイオンチップ (銀色の部分) に指先が触れるように本体をお持ちください。
○使用回数は一日1回程度。毎日使用してもかまいません。
○基本的な使用順序  洗顔→化粧水→(美肌液)→美顔器→乳液→ジェル又はクリーム
○マイクロカレント (mで使用) はメイクの上からでもお使いいただけます。


首のシワ
顔をあげて上向きにしながら、上下に動かします。何往復かしたら、次は首のシワの部分を縫うようにジグザグと横に動かします。
鎖骨のラインに沿って動かすとリンパの流れが良くなり、血行促進にもつながります。


写真
目もとのクマ・小ジワ
美顔器を持ってない方の手で目もとのシワを軽く引っ張りながら、目の下を左右にゆっくりと動かします。シワだけでなく、目の下のたるみやクマのケアにも効果的です。目尻はこめかみに向かって、ジグザグとシワを伸ばすように。


写真

ほうれい線
唇の輪郭に沿って口角を引き上げるように動かします。ほうれい線は下から上にグルリと半円を描くように。鼻の下は皮膚が厚くなりやすく、年齢が現れやすい部分のため、ここも忘れずにお手入れしましょう。


写真
まぶたのたるみ
小鼻の横から眉間へ、まっすぐに上へ動かします。ここをマッサージすることで鼻筋がすっきりしてきます。まぶたの上は眉毛を引っ掛けながらおでこの方へ持ち上げます。まぶたがリフトアップされて、目もとがパッチリした印象に。


写真


ビューティ イレイザー Q&A

Q 生体電流ってどんな電流?
生体電流とは人間の体にもともと流れている微弱な電気のこと。この生体電流が弱まったり乱れたりすると、体全体の機能が低下してしまいます。
例えばヒフにおいては紫外線などのダメージを受けると健康な肌の状態に戻そうとして自ら損傷電流という微弱な生体電流を発生させ細胞を刺激し、肌を回復させます。

Q マイクロカレントってどんなもの?
マイクロカレントとは生体電流が弱まった肌細胞に、外部からマイクロアンペア (百万分の1アンペア) という損傷電流と同じような超微弱電流を流して人工的に刺激を与え、肌の活性を図る美容法です。

Q マイクロカレントの効果は?
ヒフ細胞にマイクロカレントを流すと、細胞がその微弱な電流により活性化され、アデノシン三リン酸が促成されます。このアデノシン三リン酸は人間の体に必要なもので、これの生成が促進されることで細胞内にコラーゲンなどのもとになるアミノ酸が取りこまれやすくなります。

●紫外線や乾燥などによる肌のダメージ
図





写真
Q 肌にはどんな効果があるの?
よりキメ細かく美しい肌になります。また、ヒフのむくみやたるみ、シワやシミといった症状を改善することができます。
マイクロカレントを継続して使用することによって肌を活性化し、エステに行ったようなトリートメント効果を得ることができます。

Q 肌に電流を流すのは危なくないの?
マイクロアンペア (百万分の1アンペア) という微弱電流なので体にも安全ですし、細胞レベルで改善するので、副作用もありません。効果が高く、安全で理想的なトリートメントです。

Q どうして美肌液と併用するのがいいの?
マイクロカレント効果も高まりますし、さらに美肌液の浸透力もアップします。
特にポイントケアにはそれぞれのお悩みに応じて、いくつかある美肌液の中からより適切なものを選んで併用してください。
図


それぞれのお悩みと相性のよいオススメ美肌液
 
ヒアルQ10エッセンス

エステVCエッセンス

エステP2エッセンス
ニキビ・ニキビ跡のケアに  
シミのポイントケアに 
頬の毛穴ケアに
目もとのケアに  
ほうれい線ケアに 

※上記の肌悩みと美肌液との相性は一例です。各美肌液は複合的にいろいろな働きを持っていますので、この組み合わせでなければならないというわけではありません。いくつかトラブルをお持ちの方はどれか一番気になるお悩みに合わせて美肌液を選んでください。