皆さんがいつも何気なく使っている「もったいない」という言葉。
実は、日本語ならではの深い意味を持っています。何だか知っていますか ?

まだ使えるものを捨ててしまうとき、また、価値のあるものを無駄にして
しまっているとき、「もったいない」という言葉を使いますよね。
この世のすべての物に命があると考えていた昔の日本人は、自然への
感謝の意味も込めて、「もったいない」という言葉を使ってきたそうです。
2004年にノーベル平和賞を受賞したケニア出身の女性が、
「もったいない」に込められた意味に共感。
エコのための3R(リデュース<削減>、リユース<再利用>、
リサイクルの頭文字の精神を表わすのに、これ以外の言葉は
ない ! ということで、「MOTTAINAI」の意味を世界に広めて
います。
これから「MOTTAINAI」がもっと世界に広がっていくと良いですね。
皆さんも昔の日本人が大切にしてきた「自然に感謝する気持ち」を
意識して、エコ生活を送りましょう !
ピゥでは空容器回収サービスを行ってます!