ESSの出発点は、「パパウォッシュ」

ESSの出発点は、「パパウォッシュ」

Natural × Beauty ありのままの美しさに出合うために。生まれ持った美しさを引き出すために。

天然酵素洗顔料パパウォッシュの誕生は1985年。
このユニークな洗顔料の素晴らしさを一人でも多くの人に知らせたいという思いから設立されたのが株式会社イー・エス・エス(ESS)です。

ESSのEはENZYME (酵素)、SはSKINCARE (肌のお手入れ)、SはSYSTEM (方法)、 つまり「酵素美容法」という意味を込めての出発でした。
どこまでも肌にやさしいこと。肌にきちんと働きかけること。
ESSの商品開発のコンセプトは「肌にやさしくかつ美容効果を実感できること」。パパウォッシュをはじめとしたすべてのスキンケア化粧品が、天然素材を主原料にした自然派化粧品です。さらに合成の着色料、殺菌剤、防腐剤、アルコールなどは極力カット。どこまでも肌にやさしくつくられています。

しかし、肌にやさしいだけでは化粧品の役割として物足りません。心地よい使用感、翌朝の肌の変化、使い続けるごとに感じる美容効果など、化粧品に対するさまざまな期待を裏切ることなく、納得と手ごたえのある商品づくりを大切にしています。
自然からの恵みに感謝し、地球にも人にもやさしいものづくりを
ESSでは他社に先がけて、つけ替え容器や詰め替えなどによるエコ化に取り組んできました。2001年にはパパウォッシュの詰め替えボトルを発売。現在ではプラスチック削減のため、パウチタイプに変更しました。

さらにはお客様のご協力のもと空容器の回収を行い、100%リサイクルするシステムも導入しています。

商品だけでなく、配送時の梱包・カタログ類も再生紙やFSC認証紙を取り入れるなど、地球にも人にもやさしい物づくりへの取り組みを積極的にすすめてまいります。
地球にも人にもやさしい物づくりのために、ESSではさまざまな取り組みをすすめています。