Let’s Try!パパウォッシュ洗顔"

古い角質や毛穴汚れが残っている肌では、
スキンケア効果も半減。
酵素の特性を引き出す上手な
洗顔方法をマスターすれば、
毎日のパパウォッシュ洗顔で
肌は確実に変わります。


環境によっては動画が再生できない場合もございます。
図
STEP1 手と顔は湿らしておく
手が汚れているとパパウォッシュが反応してしまうので、洗顔前には手をきれいに。また、手と顔を湿らせておくとスムーズに洗顔できます。1回分は約0.5g (アーモンド1粒大)
ポイント
メイク時は2度洗いがおすすめ。2度目の使用量は1度目の半分位。

図
STEP2 水を加えてクリーム状に
水またはぬるま湯を加えて指先でパパウォッシュとなじませ、両手を軽くこすり合わせるようにしてクリーム状にします。
ポイント
酵素は水と出合った瞬間から、その働きが始まります。

図
STEP3 ていねいに洗う
小鼻の横はとくに汚れやあぶらがたまりやすいところ。指を上下に動かしながら念入りに。
ポイント
心持ち時間をかけて、顔のすみずみまでていねいに洗いましょう。
デリケートな目のまわりは、やさしくなでるように洗います。

図
STEP4 ていねいに洗う

水またはぬるま湯で、できれば流水ですすぐのが理想です。石鹸など比べ泡切れがとてもスムーズです。

10回位すすぐとほとんど泡が切れますが、さらに5〜6回、最低15回はすすぎましょう。

ポイント
熱いお湯は皮脂をとりすぎて肌荒れの原因に。

STEP5 水分を吸い取る気持で

タオルでこするように拭くのは厳禁。肌を傷めます。

顔に軽くあて、タオルに水分を吸いこませるような気持ちで拭き取ります。